INFORMATION

2022
11/11
Fri

擁壁(ようへき)

こんにちは。リアルホームPR担当の大城戸です。擁壁(ようへき)についての記事を書かせていただきます。読んでただければ幸いです。

擁壁とは?

擁壁とは、崖などの土の崩れを防ぐ為の壁の事を言います。崖だけではなく、隣地や道路との高低差がある時にも設置されます。

高台にある住宅地や隣家との間に土の一定の角度(安息角と言いますがここでは割愛)を超える高低差が生じる場合、頑丈なコンクリートで支えてあげないと、土・建物の重さや雨水の水圧で崩れる危険性があります。擁壁はそんな崖の崩落を防ぐ役割があります。

土留(どどめ)

擁壁と近しい言葉として土留(どどめ)があります。2つの違いは、構造物か概念そのものかの違いです。土留は、崖、盛土などの崩壊を防ぐため、コンクリートブロックや石などで【土を留める事】を指します。それに対して擁壁は土を留める為の壁状の構造物の事です。

擁壁の種類

擁壁は、工法や材料によっていろんな種類があります。宅地造成等規制法施行令第6条には擁壁の種類についてこのように定義付けされています。

 鉄筋コンクリート造、無筋コンクリート造又は間知石練積み造その他の練積み造のものとすること

一部ご紹介いたします。

鉄筋コンクリート造

RC擁壁とも呼ばれており、コンクリートの中に鉄筋が埋め込まれた擁壁です。
すっきりとした見た目と強い耐震性能を持ち合わせており、斜面の上に敷地がある場合に用いられるケースが多いです。

無筋コンクリート造

その名の通り鉄筋を入れずに作られた擁壁です。
RC擁壁のような鉄筋が入っていないとヒビが発生しやすいという弱点はあるものの、鉄筋がない分、鉄筋の腐食による劣化がありません。公法も型枠を作りコンクリートを流し込むだけなので、製作、解体も比較的に容易であるメリットがあります。

間知石練積み造

コンクリートなどを接着剤代わりに石やブロックを積み重ねる工法です。
一番目にする擁壁の種類です。間知石はよく見るこれです。

おわりに

今回は擁壁についての記事を書かせていただきました。「これはどうなの?」みたいなご質問がありましたらぜひInstagram、TwitterなどのSNSでご質問いただければと思います😊

リアルホームでは、オススメ•こだわりのお家や、土地探しはもちろん不動産の売却等のお手伝いも行っております。ご相談やお問い合わせは、お電話、お問合せフォーム、各SNSよりお気軽にお問い合わせください💁‍♀️💁🏼‍♂️
LINE友達大募集🤝YouTubeもやってます🎥


#池田市#池田#箕面市#箕面#豊中#豊中市#池田市新築戸建#池田市新築戸建て#池田市マイホーム#箕面市新築戸建#箕面市新築戸建て#箕面市マイホーム#豊中市新築戸建#豊中新築戸建て#豊中市マイホーム#すべてはお客様の理想の住まいのため

※株式会社リアル

instagramはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

2022
11/10
Thu

建築確認(けんちくかくにん)

こんにちは。リアルホームPR担当の大城戸です。建築確認(けんちくかくにん)についての記事を書かせていただきます。読んでただければ幸いです。

建築確認とは?

建築確認とは家を建てたり一定の増改築しようとする時、工事に取り掛かる前にその建築計画が法律で定められた基準(建築基準)や市町村の条例に適合しているかの確認を受ける制度やその確認行為そのもののことです。具体的には建ぺい率や容積率、北側斜線制限、シックハウス対策、採光が確保されているか等が確認されます。

この申請は建築主がすべき事と義務付けられています。 実際には申請は設計事務所等が申請者(建築主)の代理として行う事が多いです。そしてその建築確認を実際に行うのは建築主事と呼ばれる地方公務員が行います。

建築確認は2回行われ、工事着工前においては書類で確認(1回目)、工事が完成した後は建物が申請通りに建てられているか担当者が実際に現地に赴き2回目の確認を行います。基準に違反した建物は建築主、工事の請負人に工事の停止、是正措置が命ぜられます。



建築確認を受けなければならない建物の工事は、その設計を建築士がしなければなりません。また工事監理者(建築士の工事監理者)を置かなければならないとされています。

ちなみにこの「工事(監)理者」は現場監督的な「工事(管)理者」ではなく、設計図通りに施工が進んでいるかの確認、図面では伝わりにくい内容を現場に伝える役割を持つ建物の設計者や、建築に精通した人物のことです。同条件を満たして初めて建築確認申請は受理されることになります。

1回目の建築確認を受けた建築主は建築確認済証といわれる建築計画が基準に適合する証となる書類の交付を受けます。また家の完成後の完了検査が終わると検査済証が交付されます。これは住宅ローンを組む際のローンの本審査や家が完成した後に登記する際にも必要になります。

この検査済証があると家の信頼度が上がります。リフォーム等を行う場合も検査済証が無いと最初から構造計算をしなくてはならなくなり、余分な費用がかかってしまいます。大切に保管しておきましょう。

今回は建築確認についての記事を書かせていただきました。「これはどうなの?」みたいなご質問がありましたらぜひInstagram、TwitterなどのSNSでご質問いただければと思います😊

リアルホームでは、オススメ•こだわりのお家や、土地探しはもちろん不動産の売却等のお手伝いも行っております。ご相談やお問い合わせは、お電話、お問合せフォーム、各SNSよりお気軽にお問い合わせください💁‍♀️💁🏼‍♂️
LINE友達大募集🤝YouTubeもやってます🎥


#池田市#池田#箕面市#箕面#豊中#豊中市#池田市新築戸建#池田市新築戸建て#池田市マイホーム#箕面市新築戸建#箕面市新築戸建て#箕面市マイホーム#豊中市新築戸建#豊中新築戸建て#豊中市マイホーム#すべてはお客様の理想の住まいのため

※株式会社リアル

instagramはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら



2022
11/07
Mon

宅地造成(たくちぞうせい)

こんにちは。リアルホームPR担当の大城戸です。宅地造成(たくちぞうせい)についての記事を書かせていただきます。読んでただければ幸いです。

宅地造成とは、宅地以外の土地を住宅地にするため、土地の形質を変更することです。また、工場跡地を住宅地にする場合等、既に宅地である土地の形質変更も「宅地造成」といいます。形質の変更の具体的な定義は以下の表の通りです。

また都市計画法では、一定の規模以上の土地を宅地造成する場合は、都道府県知事等から『開発許可』を受ける必要があると定められています。この制度によって無秩序な開発を防ぎ、街の景観や機能を保っているわけですね。

都市計画法とは、簡単にいうと街づくりのための法律です。都市の健全な発展と秩序ある整備を図るため、土地利用や都市施設の整備、市街地の開発などに関するルールが設けられています。

また、宅地造成等規制法において、都道府県知事等は、宅地造成に伴ってがけ崩れや土砂災害などが生ずる恐れが大きい市街地等について、災害を防ぐのに必要な措置を講じた一定基準以上の宅地造成工事を義務付ける地域(宅地造成工事規制区域)を指定することができるとされています。

今回は宅地造成についての記事を書かせていただきました。「これはどうなの?」みたいなご質問がありましたらぜひInstagram、TwitterなどのSNSでご質問いただければと思います😊

リアルホームでは、オススメ•こだわりのお家や、土地探しはもちろん不動産の売却等のお手伝いも行っております。ご相談やお問い合わせは、お電話、お問合せフォーム、各SNSよりお気軽にお問い合わせください💁‍♀️💁🏼‍♂️
LINE友達大募集🤝YouTubeもやってます🎥


#池田市#池田#箕面市#箕面#豊中#豊中市#池田市新築戸建#池田市新築戸建て#池田市マイホーム#箕面市新築戸建#箕面市新築戸建て#箕面市マイホーム#豊中市新築戸建#豊中新築戸建て#豊中市マイホーム#すべてはお客様の理想の住まいのため

※株式会社リアル

instagramはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら