INFORMATION

2021
04/30
Fri

採光(さいこう)

こんにちは。PR担当の大城戸です。今回のブログでは「採光(さいこう)」についてのブログを書かせていただきます。みなさんのお役に立てれば幸いです。

採光(さいこう)とは?

採光とは、外の自然光を、窓などを通して部屋の中に採り入れることをいいます。
建築基準法では、住宅の居室にはその床面積の1/7以上の面積の採光に有効な開口部が必要と決められています(有効採光面積と言います)。要するに人が生活する部屋には一定以上の自然光を入れることが決められているわけですね。

例を挙げると、7畳の部屋なら有効採光面積は1畳分必要になってきます。
有効採光面積は、実際の窓の面積に、窓の設置条件による「採光補正係数」(光の入りやすさを表す数値のこと。用途地域によって変わる)をかけて算出します。色々と言いましたが、有効採光面積は、実際の窓の面積と違うことをなんとなーく覚えておきましょう。

ちなみに居室とは、家の中でふだん生活する部屋のことで、お手洗いやお風呂、洗面所、納戸などの収納室、専用のキッチンなどは含まれません。また、ここでいう採光とは、必ずしも日当たり(直射日光)のことではなく、天空光(自然光)のことを指しています。そのため、まったく日が差さない北側にある窓であっても、「採光に有効な窓」と認められる場合があります。

◉まとめ

今回は「採光(さいこう)」についての情報をシェアさせていただきました。是非参考にしていただければと思います。今後もこう言ったことを書かせていただきますのでよろしければ読んでいただければ嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

※株式会社リアル

instagramはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

2021
04/26
Mon

陸屋根(りくやね)

こんにちは。PR担当の大城戸です。今回のブログでは「陸屋根(りくやね)」についてのブログを書かせていただきます。みなさんのお役に立てれば幸いです。

陸屋根(りくやね)とは?

(りくやね、ろくやね)とも言われ、屋根勾配のない平たい形状の屋根のことです。ビルやマンションでよく見かける屋根の形状ですね。屋根面の存在感が出ないのですっきりとした印象があり、オシャレに見えます。

メリット・デメリット

特徴的な陸屋根ですが簡単にメリットデメリットもご紹介します。

なんせ平らなので

勾配のある三角屋根と比べて屋根の面がフラットなので、メンテナンス作業がしやすく、足場も必要ない場合があるため、掃除やメンテナンス工事を行う際は作業がしやすくコストも少なくできます。

また鉄筋コンクリート造や鉄骨造など、建物の構造によっては屋上としてスペースのを活用できるためガーデニングや家庭菜園などもできたりします。

かっこいい

最大のメリットはおしゃれな意匠(デザイン)性の高い建物に見えることではないでしょうか?一般的な屋根(三角の屋根)にはないシャープさが表現でき、個性のある家に仕上がります。また木造住宅であっても勾配を緩やかにして「陸屋根風」に仕上げる方法もあります。

デメリットは水捌けの悪さ

陸屋根は平らであるため、三角屋根と比較すると水はけが良くありません。しっかりと防水処理をしておかないと雨漏りする可能性があります。雨漏りが起こらない様な技術も向上しているとはいえ、防水処理の素材も月日が経てば劣化しますので、定期的な点検やメンテナンスが必要になります。

◉まとめ

今回は「陸屋根(りくやね)」についての情報をシェアさせていただきました。是非参考にしていただければと思います。今後もこう言ったことを書かせていただきますのでよろしければ読んでいただければ嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

※株式会社リアル

instagramはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

2021
04/23
Fri

容積率(ようせきりつ)

こんにちは。PR担当の大城戸です。今回のブログでは「容積率(ようせきりつ)」についてのブログを書かせていただきます。みなさんのお役に立てれば幸いです。

容積率(ようせきりつ)とは?

延べ床面積を敷地面積で割った値のことです。
例をあげますと、敷地面積が100平方メートル、敷地の上にある住宅の延べ面積が80平方メートルだった場合、この住宅の容積率は80%です。

建物に対するの容積率の限度は原則、用途地域ごとに都市計画によって指定されています。また前面道路の幅が狭いなどのケースによっては指定された容積率いっぱいに使うことができない場合があります。この点は注意しておきましょう。

◉まとめ

今回は「容積率(ようせきりつ)」についての情報をシェアさせていただきました。是非参考にしていただければと思います。今後もこう言ったことを書かせていただきますのでよろしければ読んでいただければ嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

※株式会社リアル

instagramはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

2021
04/22
Thu

アイデアの宝石箱!?Pinterest(ピンタレスト)

こんにちは。PR担当の大城戸です。今回のブログでは「Pinterest(ピンタレスト)」についてのブログを書かせていただきます。みなさんのお役に立てれば幸いです。

Pinterest(ピンタレスト)とは?

「Pinterest(ピンタレスト)」はインターネット上にある様々な画像を収集してブックマークできるWebサービスです。

自分の好きな写真や画像を自分専用のコルクボードにピン止めして、それをシェアできます。

ボードは「好きな食べ物」「行きたいスポット」「好きなデザイン」など、カテゴリー分けすることができます。私自身、家の外観やデザインについて参考にさせてもらっています。

それってInstagram(インスタグラム)でいいんじゃないの?

同じ様に見えますが結構違いがあります。以下の大きく3点

●インスタグラムは基本的に自分で撮影した写真や動画を投稿しますよね?ピンタレストはWeb上で発見した画像をピン(ピンタレストのボードに集めること)することが基本です。「自分の写真」と言うより「自分の好きなもの」を周囲に知ってもらうサービスです。

●インスタグラムは実際にそこに行ったり、体験したものを投稿しますよね?ピンタレストは好きなもの、体験したいこと、自分の世界観ををピンします。誤解を恐れずに言うならInstagramは日記、ピンタレストは公開するスクラップです。ポジションが違います。

●拡散効果がある
Instagramでは本文にリンクを貼り付けてもリンクは機能しない仕様になっています。一方ピンタレストは画像にリンクが貼れます。つまり外部誘導に向いています。さらにリピンという機能が他社の投稿をシェアする機能があります。企業情報の宣伝にうってつけのサービスです。

◉まとめ

今回は「アイデアの宝石箱!?Pinterest(ピンタレスト)」についての情報をシェアさせていただきました。是非参考にしていただければと思います。今後もこう言ったことを書かせていただきますのでよろしければ読んでいただければ嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

※株式会社リアル

instagramはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

2021
04/19
Mon

重要説明事項(じゅうようせつめいじこう)

こんにちは。PR担当の大城戸です。今回のブログでは「重要説明事項(じゅうようせつめいじこう)」についてのブログを書かせていただきます。みなさんのお役に立てれば幸いです。

重要事項説明とは?

家や土地などの売買は一般的な買い物と比べて高額な契約をすることになります。また権利関係や契約の流れは業界の専門家でないと簡単ではありません。かといって他人に丸投げしてしまうと、後々になってトラブルになる可能性もあります。
この記事では不動産契約の最も重要なポイントとも言える「重要事項説明」をざっくり理解しておきましょう。

重要事項とは購入物件のより詳細な条件のこと

物件購入を希望する人のほとんどは広告チラシや不動産会社のWEBサイトに掲載されている物件情報などを見て物件を決めます。いくつかの候補の中から現地の内覧などを行って物件のコンデションや寸法、サイズ感、周辺環境を確認した上で納得できた物件があれば住宅ローン審査に進みます。

しかしココまでで見てきた広告情報や現地の確認だけでは情報の認識が不十分です。専門家知識のない人が見た目と思い込みで判断し契約を進めようとすると実際の物件のイメージに相違や誤差が発生する恐れがあります。そこで「重要事項説明」が必要になってくるわけです。

重要事項説明に何が書かれているのか?


ざっくり言うと「物件に直接関係する条件」と「取引条件に関する事項」が書かれています。物件に関する条件には
不動産の登記簿記載事項都市計画法建築基準法に基づいた制限の概要、そのほか私道負担、ライフライン(電気、ガス、水道)および排水設備の状況、造成または建築工事完了における形状などがあります。
そして代金・交換差金及び地代、前記以外に授受される金額、契約解除や損害賠償予定額、違約金に関することなどが取引条件です。漢字と専門用語がびっしり並んだものとなります。

重要事項の説明はスペシャリストが

売買の仲介を行う不動産会社の「宅地建物取引士」が重要事項説明書を作成し、記名押印します。説明の際は必ず資格証を見せて、書面を提示して買主に対して口頭で説明をする義務があります。重要事項説明は、売買や賃借の契約が成立するまでに必ず行うということが決められています。

契約予定日に説明を行った場合は、買主が納得すればその後すぐに契約に至ります。ただ、難しい説明だからこそ、買主はきちんと熟読し内容を理解する時間をもらいましょう。「よくわからないから」「むずかしいから」といって説明を読み飛ばしたり、聞き逃したりしていると説明を理解することも質問することもできません。理解できない部分はその都度質問するようにしましょう
説明の内容を理解し、署名押印すれば、重要事項の全てを承認したことになります。とにかく「時間をとって熟読と質問」が大切です。

◉まとめ

今回は「重要説明事項(じゅうようせつめいじこう)」についての情報をシェアさせていただきました。是非参考にしていただければと思います。今後もこう言ったことを書かせていただきますのでよろしければ読んでいただければ嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

※株式会社リアル

instagramはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら