INFORMATION

2021
05/31
Mon

親子ドア(おやこドア)

こんにちは。PR担当の大城戸です。今回のブログでは親子ドア(おやこドア)についての情報を書かせていただきます。みなさんのお役に立てれば幸いです。

親子ドアとは?

親子ドアとは簡単に言うと扉が大小2枚ついたドアのことです。付属のロックを解除すれば両側のドアの開閉ができます。通常でああれば普段は大きなドアを使用し、小さいドアはロックしたままにすることが多いです。

では小さいドアはいつ使うのかというと、「冷蔵庫」「ベッド」「ピアノ」などの大きな荷物の搬入や搬出の時などに使用します。小さい方のドアの固定や解除は「フランス落とし」で行います。、、、、、、、、、、、フランス落とし??

調べてみるとこれのことでした。フランス落としっていうんですね。

●親子ドアが必要なケース

前述のように普段使いであれば小さい方のドアはロックされたままであり使われることがほとんどありません。どんなケースで必要になってくるのでしょうか?

・車椅子の利用

車椅子が通る為に必要な幅は約80cmと言われています。一般的な玄関片側ドアの幅が80~85cmと言われているので、中々窮屈です。車椅子利用者がいる場合は検討してもいいかも知れません。

●親子ドアの最大の魅力

・大きくて見た目が豪華に見える

最新のモデルハウスは親子ドアになっている場合が多く、とにかく玄関の見栄えがよくなります。「玄関をゴージャスにしたい!」と考える方や「見た目の印象が大事」と考えるのであれば親子ドアを選ぶといいかも知れませんね。

デメリット

高い

親子ドアの価格は、素材にもよりますが、おおよそ25万~40万円程度となっており、同じ素材を使った片方ドアでならば22万円~37万円ということを考えると、親子ドアの方が3万円から6万円程度高いです。検討の際は「コスト」か「見た目」かよく検討しましょう。

◉まとめ

今回は親子ドア(おやこドア)についての情報についてシェアさせていただきました。是非参考にしていただければと思います。今後もこう言ったことを書かせていただきますのでよろしければ読んでいただければ嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

※株式会社リアル

instagramはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

2021
05/21
Fri

2×4工法(ツーバイフォーこうほう)

こんにちは。PR担当の大城戸です。今回のブログでは2×4工法(ツーバイフォーこうほう)についての情報を書かせていただきます。みなさんのお役に立てれば幸いです。

2×4工法とは?

ツーバイフォー工法とは?
2×4工法とは「木造枠組壁工法」とも言われる建築手法で、断面が2インチサイズ(38mm)と4インチサイズ(89mm)の角材を使用した枠に、板でを組み合わせたパネルを組み合わせて箱状の空間を作っていく工法です。2インチと4インチを使っているからツーバイフォーなんですね。

こちらの動画で工法を解説されているのですが、とてもわかりやすいです。

重さを「面」で支えるので強度に優れており、工期も短く地震や台風などにも強いため安全性も高いと言われています。

メリット

1.耐震性と台風性に優れている

ハリケーンなど、北米の過酷な環境下にも耐えられるような独自のアイデアの採用によって作られているため耐震性と台風性に優れています。


2.工事期間が短い

既製サイズの角材に合板を使用していくため単純な工法であり、比較的後期が短いです。


3.安定した品質

ツーバイフォー工法においてはシステム化が進んでいており、安定した品質が確保されています。

デメリット

いいことばかり言ってきましたがもちろんデメリットもあります。空間を面で構成している為、間取りの自由度が低い、後になっての変更が難しいです。また面で強度を保っているので、開口部を大きく取れない。といったデメリットもあります。

◉まとめ

今回は2×4工法(ツーバイフォーこうほう)についての情報についてシェアさせていただきました。是非参考にしていただければと思います。今後もこう言ったことを書かせていただきますのでよろしければ読んでいただければ嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

※株式会社リアル

instagramはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

2021
05/17
Mon

FIX窓(フィックスまど)

こんにちは。PR担当の大城戸です。今回のブログではFIX窓(フィックスまど)についての情報を書かせていただきます。みなさんのお役に立てれば幸いです。

FIX窓とは?

fix(フィックス)は英語で「固定させる」という意味があり、その名の通り「固定されて取り付けられた窓」のことを言います。

固定されている為、窓の開け閉めができません。日本語では「はめ殺し」とも呼ばれています。なんかコワイ呼び方ですね(笑)基本的には明かり取りとして玄関ホールや階段のホールなどに採用される事が多いです。

メリット

物を落とす、外部からの侵入の恐れがない
そもそも開閉しないので、誤って窓から物を落とすなどといった危険がありません。窓を開けていた為に「虫が外から入って来た」などといった事もありません。うっかりして閉め忘れるなどといった防犯上の心配もありません。

・機密性が高い
窓との隙間が無い為、機密性が非常に高いという特徴もあります。機密性が高いので冷暖房効率が高く、空調を効果的に効かせる事ができるので快適に過ごす事ができます。
また完全に密閉されたFIX窓は花粉やホコリの侵入もシャットアウトできます。

・大きな窓が取り付けられる
2階以上に開閉式の大きな窓を付けたい場合、ベランダを設置しないといけません。その点FIX窓なら開閉ができないので、高い場所であってもベランダを設置する必要もなく、大きな窓をつける事ができます。大きなFIX窓が配置された家の外観はとてもオシャレに見えます。

デメリット


・掃除がしづらい
窓の外側の掃除は家の外側からしかできないので掃除がしづらいです。高い場所のFIX窓ならば専門の業者に頼まないとできない場合もあります。


・換気ができない
最大のデメリットとも言えます。開閉できないのでFIX窓からの換気はできません。湿気の溜まりやすい部屋にFIX窓は向いていません。

でもFIXはかっこいい!!

これは大城戸の完全な主観ではありますが、FIX窓はデメリット以上のかっこよさがあると思います。ぜひ以前ご紹介させていただいたピンタレストでかっこいいFIX窓の実例を見てみてください!!

◉まとめ

今回は「FIX窓(フィックスまど)」についての情報についてシェアさせていただきました。是非参考にしていただければと思います。今後もこう言ったことを書かせていただきますのでよろしければ読んでいただければ嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

※株式会社リアル

instagramはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

2021
05/10
Mon

「持ち家」のメリット

こんにちは。PR担当の大城戸です。今回のブログでは「持ち家」のメリットについてのブログを書かせていただきます。みなさんのお役に立てれば幸いです。

永遠のテーマ

令和になっても終わることのない永遠のテーマ「持ち家 or 賃貸」どちも良い点悪い点あり、一概にはどちらが優れているとは言い切れません。今回は「持ち家」のメリット、注意点についてお話します。

月々の支払いが「資産」になる

「賃貸」ですと月々の家賃の支払いに「掛け捨て感」が出てしまいますが、「持ち家」ならローンの支払いも「資産」になります。資産になる、つまり、いざというときに売却すればお金にできるので安心感もあります。この「安心感」が最大のメリットではないでしょうか?

しかしながら、勤務先の都合などの転勤なでそこに住めなくなった場合、賃貸のように気軽に住み替えができないという場合もあるでしょう。売却先が早い段階で見つかるとも限りません。住み慣れた家と地域との付き合いにお別れするは、抵抗があると思います。

そういう場合の一つの手段として「賃貸」と言う手もあります。家賃収入が得られ、資産として住まいを所有したまま有効活用できるわけです。転勤の期間が1年〜2年など期間限定なら、その間だけ貸す「定期借家契約」として、戻って来たときにスムーズに元の家に再び住む事が可能です。

リフォームやリノベができる

昨今では「賃貸」であってもDIYができる物件もありますが物件数でいうとほんのわずかです。その点「持ち家」であれば、自由にリフォームやリノベができます、戸建てならほぼ全て可能です。
一方「賃貸」にはどうしても「制約」があります。「ゆくゆくは住まいをリフォーム、リノベしたい」のであれば「持ち家」を検討しても良いでしょう。

注意点

・立地は慎重に検討して選びましょう

「賃貸」なら引っ越すのは簡単ですが、「持ち家」だとそうはいきません。
「持ち家」を探す時は、十分考えて頂きたいのはが「立地」です。
駅や病院までの距離や周辺の利便性は、新たに建ったりしない限り、変化しません。後悔のないよう、立地については「後から変えられない」ということですね。

・無理のない返済計画

住宅の購入には多くの人がローンを利用するわけですが、無理な予算を設定すると、ローンの返済負担が厳しくなってきます。借入期間を長くしても、その分金利負担が多くなります。残業やボーナスなどの収入も変化するかもしれません。無理のない返済計画を立てて借り入れを行いましょう。

◉まとめ

今回は「持ち家」のメリットについての情報についてシェアさせていただきました。是非参考にしていただければと思います。今後もこう言ったことを書かせていただきますのでよろしければ読んでいただければ嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

※株式会社リアル

instagramはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら

2021
05/06
Thu

「SDGs」(エスディージーズ)ってなに?

こんにちは。PR担当の大城戸です。今回のブログでは「SDGs」(エスディージーズ)ってなに?についてのブログを書かせていただきます。みなさんのお役に立てれば幸いです。

SDGsとは?

最近よく耳にするSDGsとは「Sustainable Development Goals サステナブル デべロプメント ゴールズ(持続可能な開発目標)」の略称です。2015年の9月の国連総会で採択された2030年までに達成を目指す目標です。

個人あるいは企業、団体それぞれが持つ能力を最大限に活用して、取り組むことが強く求められています。

項目は17個あります。17個で1セットです。セットなので「SDGs」です。最後の小文字のsは複数形のsです。

17個の中身はこれ

17個の項目の中身はこうなっています。

・貧困を無くそう
・飢餓をゼロに
・全ての人に健康と福祉を
・質の高い教育をみんなに
・ジェンダー平等を実現しよう
・安全な水とトイレを世界中に
・エネルギーをみんなにそしてクリーンに
・働きがいも経済成長も
・産業と技術革新の基盤を作ろう
・人や国の不平等を無くそう
・住み続けられる街づくりを
・つくる責任つかう責任
・気候変動に具体的な対策を
・海の豊かさを守ろう
・陸の豊かさも守ろう
・平和と公正をすべての人に
・パートナーシップで目標を達成しよう

多くて覚えられないですよね?大丈夫です。大事なのはこの先です。

SDGsの定義

これだけ見ると、発展途上国向けの目標に見えますが、じつは定義があります。定義は

「将来の世代の欲求を満たしつつ、現代の世代の欲求も満足させる様な開発」

が定義となっています。いまいちピンとこないのは私だけでしょうか?笑

頑張って例えてみます!

なので「少子高齢化が進む街の公園」を例に話してみましょう。

数十年前に街の中に「子供のための公園」を造ったとします。その後子供たちも大きくなって公園で遊ばなくなりました。少子高齢化によって子供の数もかなり少なくなってしまったとします。

ではココを「高齢者向け施設をつくる」と言う話が出たときに皆さんならどう考えるでしょう?

高齢者の方々側から考えると「高齢者向けの施設や、土地を有効活用して欲しい」と言う意見が出るかもしれません。


一方子供側からすると「遊び場が欲しい」、子育て世代には「公園は残して欲しい」と言う意見も出るかもしれません。

ここで「AかBかの二項対立」ではなく、持続可能という「SDGs」のワードに照らして考えて「どちらのニーズも満たす解決策をみんなで考える」と言うのが「持続可能な開発」の基本的な考え方になります。私たちの業界にも深く関係しそうな目標だと思います。

◉まとめ

今回は「SDGs」(エスディージーズ)ってなに?についての情報をシェアさせていただきました。是非参考にしていただければと思います。今後もこう言ったことを書かせていただきますのでよろしければ読んでいただければ嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。

※株式会社リアル

instagramはこちら

Twitterはこちら

Youtubeはこちら